「室の八島」

室の八嶋に詣す。同行曽良が曰、「此神は木の花さくや姫の神と申て富士一躰也。
無戸室に入て焼給ふちかひのみ中に、火々出見のみこと生れ給ひしより室の八嶋と申。
又煙を読習し侍もこの謂也」。将、このしろといふ魚を禁ず。縁記の旨世に伝ふ事も侍し。

                                            (奥の細道より)



d0005575_20342110.jpg


参道の両側に寄進された赤い気の灯篭の中を行くと正面に大神神社の社殿が見えてくる。
広い境内は年功のある太い杉の木に囲まれ凛とした神聖な霊気に包まれている。
右手に神楽殿、左手には室の八島といわれる池が広がり、その入り口には芭蕉の句碑がある。
大神神社は、今から千八百年前、大和の大三輪神社の分霊を奉祀し創立したと伝えられ、祭神は大物主命です。
惣社は、平安時代、国府の長官が下野国中の神々にお参りするために大神神社の地に神々を勧請し祀ったものです。





d0005575_20404820.jpg
室の八島を尋ね詣づ。木立ふりて神さびたるさまいと殊勝なり。しげれる森の内にいかなる人の作れるにや、回り回りて池を掘り、池の中に島と覚しき八つ残したり。八島といふ名にめでてなせしなるべし。年久しき業とも見えず。おかしき事を構へたるものかな。
                                  元文三年(1738)山崎北華  「蝶の遊」






d0005575_19521349.jpgd0005575_2031127.jpg


”糸遊に結つきたる煙哉” (芭蕉の句碑)




曽良の「俳諧書留」には芭蕉が室の八島で詠んだと思われる五句が記されている
糸遊に結つきたる煙哉   翁
あなたふと木の下暗も日の光
入かゝる日も糸遊の名残哉
鐘つかぬ里は何をか春の暮
入逢の鐘もきこえず春の暮

けぶりたつ「室の八島」と呼ばれ平安時代以来東国の歌枕として都まで聞えた名所でした。
幾多の歌人によって多くの歌が残されています。

朝霧や室のやしまの夕けふり                  (連歌師・宗長)
いかでかは思ひありとも知らすべき室の八嶋の煙ならでは  (藤原実方)
人を思ふ思ひを何にたとへまし室の八島も名のみ也けり   (源重之女)
下野や室の八島に立つ煙思ひありとも今日こそは知れ    (大江朝綱)
煙たつ室の八嶋にあらぬ身はこがれしことぞくやしかりける  (大江匡房)
いかにせん室の八島に宿もがな恋の煙を空にまがへん    (藤原俊成)
恋ひ死なば室の八島にあらずとも思ひの程は煙にも見よ   (藤原忠定)
[PR]
by windmay | 2005-03-18 20:47 | 室の八島
<< 「飯塚」 「間々田」 >>