カテゴリ:間々田( 1 )

「間々田」


一 廿八日マヽダニ泊ル。カスカベヨリ九里。
前夜ヨリ雨降ル。辰上尅止ニ依テ宿出。
間モナク降ル。午ノ下尅止。
此日栗橋ノ関所通ル。手形モ断モ不入。
廿九日辰ノ上尅マヽダヲ出。


(曽良随行日記より)


一 廿八日間々田に泊る。春日部より九里。
前夜より雨降る。午前7時半頃雨止んで宿を出る。
間もなく降る。午後12時半頃止む。
この日栗橋の関所を通る。往来手形も断りも入(い)らず。
廿九日午前7時半ごろ間々田を出る。


d0005575_1834851.jpg
(間々田八幡宮)




d0005575_1841812.jpg


”古池や蛙飛こむ水の音  芭蕉翁”
(芭蕉の句碑  橋の左手奥にあり)





嘉永六年(一八五三)九月
土地の人田口久七爲親建立
小山市間々田
間々田八幡宮
[PR]
by windmay | 2005-03-18 00:52 | 間々田