<   2005年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

壬生について

壬生町は五街道の一つ日光街道の西街道(裏街道)の宿場町であり、鳥居三万石の城下町で舟運の便もあったので大変賑わった。
西街道とは宇都宮を通る本街道によらず小山から壬生を通り、鹿沼、今市に至る街道で、公式の日光社参の往路は本街道を通り、帰路は西街道を通った。
西街道は不浄(縁起の悪い)の時の通路にもなった。慶安四年(1651)三代将軍家光の遺骸を江戸から日光の改葬する時、西街道を通り途中その柩が壬生の興光寺に安置されたそうである。別名御成街道(将軍のお成りになる街道)とも云う。
例幣使街道は京都から日光への勅使が通る道で、京都から中仙道を通って上野、の中部で分かれ、下野の足利、佐野、栃木、家中、金崎、鹿沼を経て日光へ向かった。(壬生は通らない)

大宝令が布かれた頃、駅路の制によれば、重要度によって大路、中路、小路に分けられた。
大路は京都と中国との交通路にあたる山陽道で九州の大宰府に通じていた。
下野を通る道は東山道に属し中路であった。小路は各国府間を結んでいた。
東山道は京都から近江、美濃、信濃、上野、下野と内陸を通り奥州白河に至り壬生町はその中の宿駅だった。
その当時の関東地方は、野草が茫々と繁茂し馬の頭をも没する様な荒野が多かった。当時の中仙道はみかも山(栃木県岩舟町)の頂上を過ぎたといわれ、山を目当てにして道を迷わぬ為であった。




野州干瓢の歴史
d0005575_20155763.jpg
d0005575_20165711.jpg
【 干瓢 】
( 夕顔の果実で、原産はアフリカ、インドの熱帯地方、ウリ科の一年生つる草 )
夕顔の実をひも状にむき天日で干し、乾燥させて保存する。
(のり巻きの芯に入れたり、いなり寿司のはちまきにする、またみそ汁に入れて卵とじもおいしい。)


壬生の特産物の”かんぴょう”は江戸時代から栽培され、野州干瓢の発祥地として有名です。
干瓢作りを壬生に伝えた人物は、正徳2年(1712)壬生藩主となった鳥居忠英(とりいただてる)です。 忠英は寛文5年(1665)信州高遠藩主鳥居忠則の子として生まれました。
(鳥居家のいわれは、先祖が紀州熊野三山の別当(神官のまとめ役)であったとき、熊野川の河口の新宮に、大きな鳥居を建てたことにまつわる。)
忠英が三十歳の時、二万石の大名として江州水口(滋賀県)の藩主となり、領内の産業、学問にさかんに力を入れその功績が時の将軍綱吉に取り入れられて、正徳元年(1711)幕府の若年寄に命ぜられました。
正徳二年(1712)には、壬生三万石の藩主となり水口と同じように領内の産業にさかんに力を入れました。その時、壬生領内にこれといった特産物がなかったので、水口より干瓢の種を取り寄せ、領内の村々に種を分け与えました。夏になって、七ッ石、稲葉など幾つかの村ではうまく育たずただ藤井村の名主、篠原丈助が干瓢の作付けに成功しました。
これが壬生の干瓢の始まりです。




慈覚大師・円仁
d0005575_20231641.jpg
慈覚大師・円仁は794(延暦13年)、下野国(今の栃木県)都賀郡に壬生氏の子として生まれました。誕生の地は、壬生町の紫雲山壬生寺であると言い伝えられています。ここには円仁が生まれたとき産湯として使ったという「産湯の井戸」が残っています。
9歳で大慈寺(下都賀郡岩舟町小野寺)の高僧広智(鑑真和上の弟子)のもとで仏教を学びました。15歳のとき、比叡山で最澄(天台宗の開祖)の元で厳しい修行をしました。
42歳の時、遣唐使と共に短期の留学僧(請益僧)として唐に渡りました。
唐では五台山(中国天台宗の聖地)で志遠和上に学び、いろいろなお経や本を写しました。長安では古代インドの言葉「しったん」を学びました。
日本には847(承和14年)に帰り848(承和15年)には比叡山に戻り854(仁寿2年)に天皇の命令で天台座主となり天台宗を大きく発展させていくために貢献しました。
864(貞観6年)1月14日、71歳で亡くなりました。866(貞観8)年7月14日天皇より「慈覚大師」の称号を贈られました。このとき最澄にも「伝教大師」の称号が贈られました。
「入唐求法巡礼行記」...円仁の著書で平安時代の遣唐使の旅行記で当時の唐の様子が記録されています。
アジアの三大旅行記(三蔵法師の「大唐西域記」、マルコ・ポ-ロの「東方見聞録」、円仁の「入唐求法巡礼行記」)の一つとして有名です。
[PR]
by windmay | 2005-04-07 00:00 | 壬生について

「鹿沼」

一 ニれ木ヨリ鹿沼ヘ一リ半。
一 (昼過ヨリ曇。)
   同晩鹿沼(ヨリ火バサミヘ貳リ八丁。)ニ泊ル。


                 (曾良随行日記より)




d0005575_19164285.jpg
奈佐原神社(文楽とは関係ありません)



壬生より楡木へ向かう道の両側には、昔の並木の名残であろうか年功のたった杉や桧がところどころに立っている。そして楡木町の追分を過ぎて暫らく行くと奈佐原と言う所がある。
ここには文化年間(1804~1817)より伝えられた人形浄瑠璃、奈佐原文楽が継承されている。












奈佐原文楽

文化年間(1804~1817)には、一座があったものと思われます。当時の奈佐原は日光西街道・例幣使街道の宿場として栄え、遊芸人の往来も見られ、これらの影響を受けて、地元の同好者によって始められたようです。その後衰微しましたが、明治時代に大阪文楽座主吉田国五郎の門弟で、人形遣いの名人吉田国造(後の西川小伊三郎)が奈佐原に居住し、人形の操作や浄瑠璃の指導に当たるとともに、浄瑠璃は大坂文楽座を退座した竹本蔦太郎が楡木に住んで指導に当たりました。門弟の一人臼井巳之作(豊吉)は昭和37年(1962)12月14日、県の無形文化財に指定されましたが、同45年死去し、現在は地元の同好者によって演じられています。座員一同芸に励み、その技量の評価も高く、なかでも「絵本太功記十段目」、「阿波の鳴門順礼歌の段」、「奥州安達が原三段目」はお家芸となっています。
(鹿沼市のHPより)






d0005575_1946567.jpg
光太寺 「笠塚」



東武日光線、新鹿沼駅より北西の山の際に光太寺というお寺がある。
急な階段を上りつめると山に張り付いたように立派な本堂が建っている。本堂の脇には芭蕉の死後、寺に残された芭蕉の破れ笠を埋めて供養したといわれている 「笠塚」 があり碑面には 「芭蕉居士 嵐雪居士」 の八文字が刻み込まれている。
境内の東端に建つ鐘撞き堂からは東に広がる鹿沼市外が一望できる。





d0005575_2044040.jpg
笠塚の説明書







d0005575_20101131.jpg
光太寺の西側にある『富士山公園』『ふじやまこうえん』から見た楡木方面。




d0005575_20105752.jpg
光太寺の西側にある『富士山公園』『ふじやまこうえん』から見た鹿沼市外。




「曾良随行日記」の中で鹿沼については 鹿沼ニ泊ル。 とだけの記述。
何処に宿泊したのか分かっていない。ある書物によると中町で元名主の都賀屋に泊ったとすれ説。芭蕉の笠塚のある光太寺に泊ったとする説。またあるお宅に泊ったとする説があると言う。
「曾良随行日記」の中にある 辰上剋、宿ヲ出。 の記述から推測すると宿屋に泊ったのではないかと云われてもいる。未だこの説は解明されていないそうである。
はたして芭蕉達は何処へ泊ったのだろうか。笠塚の説明には光太寺へ泊ったとあるが。
[PR]
by windmay | 2005-04-04 00:00 | 鹿沼

句碑(県央地区)

光賢寺

d0005575_1148829.jpg


”しはらくは花のうへなる月夜哉”


大正十年(1921)5月
宝の屋小峰蔦彦らの建立
芳賀郡市貝町文谷
浄土真宗本願寺派光賢寺





常珍寺

d0005575_11501340.jpg


”觀音の甍見やりつ花くもり ”


文化二年(1805)10月
旭山 慈澄建立
芳賀郡芳賀町西水沼
天台宗常珍寺





大前神社

d0005575_11563918.jpg


”一聲は江に横たふやほとゝきす ”


明治三年(1970)10月
五月女菅湖建立
真岡市東郷九三七
大前神社





大内公民館

d0005575_11585782.jpg


存疑
”飯貝や雨に泊りて田螺聞く”


芋の葉会同人建立世州筆
真岡市大字飯貝四七八
大内公民館





毘沙門堂山頂

d0005575_1222128.jpg


”叡慮にて賑ふ民や庭竈”


塩野谷機月 喜多山永坡らの建立
那須郡烏山町城山
毘沙門堂山頂
[PR]
by windmay | 2005-04-03 11:51 | 句碑(県央地区)